日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

苦の原因

身体を動かすと気分がすっきりするのは、普段からしている思考から離れられるからです。
普段の生活での苦の原因はこの思考からきているんです。
[PR]
# by namazunahi | 2008-12-21 05:34

大切なこと

キリスト教にいくつも宗派があるように、仏教にも多くの宗派があります。
で、どの宗派が一番正しいの?ということは置いといて、個人的に重要なことは今、まさに今というときに喜びがあるかということです。
朝起きたとき、歯をみがくとき、ごはんを食べるとき、歩いているときという日常に喜びがあるかどうか。
今というときに喜びを感じれる教えこそ今の世に重要なことと思いますね。
[PR]
# by namazunahi | 2008-12-17 10:17

太る

毎年の寒さ対策として、冬はあえて太るようにしてます。
野生の鳥たちも冬は太ってますよね。

まあ、僕は太りづらい体質なので太るのに苦労するのですが。
[PR]
# by namazunahi | 2008-11-30 20:50

作る

喜びや楽しみを外に求めると、その喜びや楽しみを与えてくれるものに依存してしまいます。
そして、それに支配され奴隷となってしまう。

仏教は自立をさせる教えですから、まずは落ち着いて自分で喜びや楽しみを作れるようにならなければいけません。
[PR]
# by namazunahi | 2008-11-23 04:34

喜と苦

落ち着きが深まってくると、喜びや楽しみという感情が出てきます。
逆に、不快な感情があるときは落ち着いていないわけです。

落ち着いて行動することで、たとえ何かを得られなくても喜びの中で生きていけるわけです。
逆に、何かを得られても落ち着きがなければ、苦しみの中で生きていくことになります。
[PR]
# by namazunahi | 2008-11-22 05:01

影響

誰かイライラした人が来るとこちらもイライラしていまうものです。
このように人の感情は伝染しやすい。
だから、たえず落ち着いていることは、周りも落ち着きが伝染するのでよい影響を与えているのです。

人の役にたちたいならまずは落ち着くことが第一歩です。
[PR]
# by namazunahi | 2008-11-19 04:18

世の中は金

世の中は金という思考は大多数の人の中に組み込まれていると思います。
でも、死ぬときはいくら金があっても何ら助けにはなりません。
金があればいい医療が受けられるのは確かですが、それで寿命が延びても結局は死ぬわけです。

世の中は金という思考にとらわれていると、死という根源的な恐怖が見えなくなり、何か得体の知れない恐怖にとらわれることとなります。
[PR]
# by namazunahi | 2008-11-18 17:00

自力と他力

自分の力、他人の力、どちらの力にせよたいしたことはできない。

自我を超えたところに真の力がある。
[PR]
# by namazunahi | 2008-11-13 05:27

孤独

全てのものは何らかの影響を受けあって存在している。
もちろん自分も色んなものに影響し合っている。
そういうことをより深く実感するとき孤独から開放される。
[PR]
# by namazunahi | 2008-11-12 00:19

神はどこにいる?

世の中には色々な神様がいます。
野球の神様、演技の神様、料理の神様、漫画の神様などなど。

人々が神と思うような技を見るとき、その神は今という時にいます。

神に会いたければ今という場所に行けばいい。
神はいつでもそこにいます。
[PR]
# by namazunahi | 2008-11-09 19:00