日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

制御不能

仏教では怒りを徹底的に排除します。
世間的には怒りは必要だという意見もありますが・・・。

たしかに、怒りによって問題が解決する場合もありますが、怒っているときをよく観察すると心臓は高鳴り、目は血走り、身体は硬直し、頭には血が上り、自分の行動が制御不能となってしまいます。

自分の身体や心を痛めつけて解決するよりは、落ち着いて問題をよくみて解決する方が自分の心も身体も喜びに満ち気持ちいいものですよ。

そもそも、怒りというのは意識的にできるものではなく、何か自分の内側から湧き上がる得たいのしれないエネルギーに突き動かされる感覚があります。

この得体の知れない何かが分かってくると、自分の人生を支配してるものが自分の意思だけではないことが分かってきます。
[PR]
by namazunahi | 2008-09-28 03:50

抜く

たまには身体の力を抜いてボッーとただ呼吸してみよう。
そのときは何もかも忘れて・・・。
[PR]
by namazunahi | 2008-09-19 02:51

運転

車を運転する目的といえば無事故で目的地に着くこと。

たとえば横暴なドライバーに割り込みされて強烈に怒ってしまうと、そのドライバーにしか目がいかなくなり周りの状況確認がおろそかになり事故の確率が増えてしまいます。

周りの道路状況はたえず変化していると知れば、自然とそのドライバーに怒った思いが消えてしまいます。

まあ、車も長年乗ってると変な運転をするドライバーは見ただけで分かってきますから、そういうドライバーからは離れて運転していればよけいなストレスを感じずに運転できるものですね。
[PR]
by namazunahi | 2008-09-17 21:10

視点

仏教書を読むと、人はいつ死ぬか分からない明日にも死ぬかもとか、この肉体からでるものはすべて不浄なものであるとかとクラーイ気持ちになってしまうものです。
ほんで、このようなクラーくなってしまうような事実を仏教徒は毎日お経で唱えてるわけです。
一般人から見るとうつ病患者を製造しているのかと勘違いされそうですね。

しかし、そういう事実と正面から向き合った方々は暗くなるどころか逆に明るくなってしまいます。

お釈迦様の時代の実例をあげれば

国王が窓から外をみると、小坊主が誰よりも幸福そうに歩いているのを見て不思議がったり(実は阿羅漢)、お釈迦様の弟子の歩く姿に惚れこんだり、お釈迦様自身は微笑みをたやさなかったそうです。

僕自身も何人かの修行を積んだお坊様に会いましたが、みな明るく幸福そうなのが印象です。

仏教の教えにふれてクラーくなる人と、明るくなる人の違いはなんでしょうかね。
これは同じものを見ていても、見ている視点が違うからでしょう。


自分がクラーい気持ちになってフト隣を見ると明るくニコニコしながら同じものを見ている。
まずは、この明るくニコニコしている人に出会うことが仏教修行の第一歩だとおもいますね。
[PR]
by namazunahi | 2008-09-15 06:09

最近見た映画

ダークナイト
エゴの塊であるジョーカーは、エゴを隠す奴らを赦せない。
なぜならエゴこそが真実だから???

二十世紀少年
映画よりドラマでのんびりやった方が面白かったかな

デトロイトメタルシティー
原作を未読の人の方が楽しめる。
原作を読んだ方はアニメがおすすめ。

童貞ウォーズ
オタクな三人の高校生男子が、試練を経て少年から大人へと成長する物語。
[PR]
by namazunahi | 2008-09-14 08:00 | 映画

準備

ある人が人間の最大の恐怖は失いたくないという感情であると言ってました。
人生で最大の失ないと言えばやはり死でしょう。

どんだけ地位や名誉や金を持っても死が訪れてすべてを奪っていく。
この最大の恐怖を緩和するために宗教は生まれたといっても間違いではないでしょう。

何千年も昔から、死というものと正面から向き合ってきた宗教。
現代の日本は、この死の恐怖を緩和するための宗教を遠ざけてしまいました。

いやいや、日本には近代医学という素晴らしいものがあると思うかもしれませんが、どんだけ医学が発達して不治の病が治ろうが、寿命が飛躍的に延びようが死は必ず訪れるわけですから・・・。

だから、今の日本は死をできるだけ隠すようになってますが、どんだけ隠そうが必ずその時は訪れるわけです。

必ず訪れるわけですから、前もって準備しておいた方がその時にあんまり慌てることはないでしょう。
[PR]
by namazunahi | 2008-09-14 07:47

よしだいさんのブログで海岸のごみの話が書いてありました。
http://toaru-sarari-man.cocolog-nifty.com/blog/

たしかに、僕もよく夏は潜りに行くのですが年々海が汚れているのを直に見ています。
数年前はきれいだったのに平気でその海を汚す人たちがいることが残念でありますね。
きれいなものをきれいだと思える感性は大事にしたいものです。
[PR]
by namazunahi | 2008-09-09 02:26

信疑一体

絶対正しいと信じてる自分を疑ってる自分は絶対正しい???
[PR]
by namazunahi | 2008-09-08 15:17

絶対

何かを絶対正しいと信じる、その信じてる自分は絶対正しいのだろうか?
[PR]
by namazunahi | 2008-09-06 20:18

ガマン

昔、親戚の人が医者から夏みかんか何かを食べたら、今の身体に毒だから(何かの病気だった)食べないようにと言われました。

その人はズゥーとガマンしてましたが、ある日大量の夏みかんを食べて死んでしまいました。

無理やり何かやりたいことを押さえつけてしまうと、何かの拍子に爆弾が破裂して恐ろしいことに・・・。

身体には良いことのはずが心には悪いことだったんです。
身体は心の影響を受けるから結局、両方に悪い結果が出るわけなんです。
[PR]
by namazunahi | 2008-09-05 04:00