日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

不調

身体が健康なときは身体を気にしませんが、身体が不調なときは身体を思い出します。
そう考えると、身体が不調なときはより身体を知るチャンスでもあるんですね。

不調で身体がえらいときは、身体に文句を言わずに今まで頑張ってくれた身体にねぎらいの言葉をかけてみてはどうでしょう?
[PR]
by namazunahi | 2008-03-12 03:03

身体に聞く

よく食べすぎてしまうという人は、まだ食べたいなーと思ったらおなかに手を当てて身体に聞いてみるといいです。
頭は食べたがっても、身体はもう食べたくないといってるかも。
[PR]
by namazunahi | 2008-03-11 00:33

体を管理してるのは心ですが、その心が無能だと大変なことに。
心が良かれと思ってやることは大体が体に悪いこと。
健康、美容、鍛えることなどもやりすぎるとからだの負担になります。
でも、欲からやってるから実現不可能な目標を立てて自分を苦しめることに。

自然環境も欲を捨ててやってかないと、自然を苦しめることになってしまいます。
[PR]
by namazunahi | 2008-03-07 05:40

自然

何かを管理しようとしても、その管理する人が無能だととんでもないことになります。
昨今では自然を管理しようとしてますが、自然のことを分かってない人間が管理したところで余計ひどくなるばかり。
そもそも、自分の体(ある意味自然)ですら管理できないのに、強大な自然を管理することは最初から無理と言うものです。

まずは老いること、病気になること、死ぬこと、この三つを受け入れないと自然と喧嘩するだけで、自体はますます深刻なことに・・・。

~老いることは当然のことであり、私は老いることから逃れることは出来ない~

~病むことは当然のことであり、私は病むことから逃れることはできない~

~死ぬことは当然のことであり、私は死から逃れることは出来ない~
[PR]
by namazunahi | 2008-03-05 03:29

期待

仏教では期待したことは叶わないといいます。
この期待を欲とすれば分かりやすい。

頭の中で欲が回転すればどんどん大きくなり、ありもしない大きな夢をつかんだ自分を想像してしまいます。

でも、夢は大きければ大きいほど実際にそれを手に入れるには時間もかかるし、その夢を実現するための労力、才能も必要になってきます。

この夢を実現するための行為を無視して、結果ばかり見てるわけですから、まあ期待通りにならないのも無理はないかと・・・。

ちなみに、子供は親の思い通りにならないという思いも欲のことですね。
[PR]
by namazunahi | 2008-03-02 06:11

日常

仏教では、心で思ったことがカルマを作っていくといいます。
悪いことを思えば悪いカルマを作り、善い事を思えば善いカルマを作っていく。
行為よりも心で犯す悪の方を注意しています。

だから、仏教では日常生活でも気づきを絶やさずに心の中を監視しているわけです。
心の中で悪を犯さずにいれば、それにともない悪行為もなくなってくるのは必然ですね。
[PR]
by namazunahi | 2008-03-01 22:56