日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

生命が第一に考えてるのは、自分の命を守ることであります。
であるなら、自分が何によって命をつなげてるかをしっかり認識して、そのモノを守っていかなければいけません。
[PR]
by namazunahi | 2008-02-28 20:59

妄想

仏教では妄想は頭が悪くなるものとされています。
でも、妄想自体はなかなかやめれないものです。
だから、妄想するにしても暗い妄想はやめて、明るい妄想をするように妄想をコントロールするトレーニングをやるといいです。
で、心が明るくなったら妄想をやめて他の事をする。
妄想はかなりのエネルギーを使ってるから、自分の役に立つことにそのエネルギーをまわす分けです。
心も明るくなってるし、妄想をやめたことでエネルギーが余ってるから、普段より物事がうまくいきます。
[PR]
by namazunahi | 2008-02-27 04:14

学び

人からモノを教わるとき重要なことはその人を信頼してるかどうか。
先生を信頼してるなら疑がないので、集中して心を落ち着けて聞けるから覚えるのも早い。

でも、ここで怖いのが信頼している先生が偽者だったなら間違った情報を心の奥にインプットしてしまうから、折角教わったのにモノにならないことに。

だからいくら信頼してる先生でも教わったことは、教わったこととして置いといて、自分で検証してみるのが重要。

こうして検証してみるクセがつくと一を聞いて十を知るというようなコトが出来てきます。

ちなみに、お釈迦様の時代にはお釈迦様やその弟子の法話を少し聞いただけで悟った人がケッコウいたそうです。

そういう人々は一を聞いて百を知るというクラスですね(汗)
[PR]
by namazunahi | 2008-02-22 17:45

布教

仏教では過去や過去世でお坊さんを誹謗、中傷していると修行が進まなくなるといいます。
まあ、仏教をバカにして仏教の勉強ができるわけがないのですがね。
ですから、仏教を嫌ってる人、宗教を嫌ってる人とはできるだけ仏教の会話はしないように心がけています。
その人が将来、仏教の勉強をしたいと思っても仏教を誹謗、中傷していると過去の罪で仏教修行が進みませんから。
こうみると仏教を広めるのは至難の業だと思いますね。
強引に押し売りして、その人の心に仏教に対する悪意が芽生えさしてしまうといけませんから。
[PR]
by namazunahi | 2008-02-16 23:34

天国

お釈迦様とある宗教の信者さんとの会話

信者さん「死後、神の元にいくにはどうしたらいいのでしょうか?」
お釈迦様「その神とはどのような人なのですか?」
信者さん「大海のような広い愛をみんなに注いでる人です」
お釈迦様「では、あなたがそのような人になれば、そのような神々がいる場所にいけるでしょう」
[PR]
by namazunahi | 2008-02-16 07:32

ホッと一息

仏教の基本は観察ですが、やはり精度が高い観察をするためには自分が落ち着いてないとできません。

そのためには、普段から自分なりのリラックス方法をいくつか持ってるといいですね。

僕の場合だと飲み物を飲んでリラックスする場合は、胃袋まで飲み物が口から落ちるのを追っていくことで意識を下に持っていくことでリラックスしますね。

動揺してる人は、顔が青ざめたり、赤くなったり、汗をかいたりっと上に意識がいってますから、そういう時は意図的に下に意識を持っていくことで緊張が緩和します。
腹に手を置いて、腹の膨らみ縮みを観察するのも有効ですね。
[PR]
by namazunahi | 2008-02-09 03:54

原因

因果法則、ようは原因があって結果があるということです。

誰かが怒っていてこっちにあたり散らしても、自分が相手の怒りに同調しないで相手が何で怒ってるか原因を探ってみる。

勉強しない子供に怒ってあれこれ言う前に、なんで勉強しないか探ってみる。

このように原因を探っていくことによって問題の本質が見え、何らかの解決策が浮かんできます。
[PR]
by namazunahi | 2008-02-08 18:47

過去の自分との再会

仏教の教えで因果法則というのがあります。

たとえば、生き物を傷つけると自分に危害をまねく未来を作ったり。
人にウソをつけば将来人から騙される未来を作ったり。

逆に生き物に優しくすれば、生き物から守られる未来を作ったり。
人に正直であれば、人から正しい情報をえる未来を作ったり。

だから、人の話を聞かない人に出会ったら、自分も自分の意見に頑固になって人に迷惑をかけてないか過去をふりかえったりして反省してみると色々気づきがあって勉強になります。
[PR]
by namazunahi | 2008-02-05 20:37

痛み

この前の土曜日にスキー初心者の男の子にスキーを教えていたのだけども、どうもあまり人の話を聞くタイプではなさそうなので、少し急な坂に連れて行きそこから滑らして基本の重要性を認識してもらいました。

人の話を聞かず自分のやりかたに凝り固まってる人は、一回痛い目にあって自分の考えを粉々に砕かれないと言うことを聞いてくれないなーというのが実感ですね。
[PR]
by namazunahi | 2008-02-03 23:34

研究発表

仏教の瞑想修行は何をするのかといえば、思考を止めて正確なデータ(目耳鼻舌身心)を取り入れるここと、一点に集中して集中力を養うことをやります。
集中力と言う顕微鏡でドンドン倍率をあげて物事をありのままに観ていきます。

仏教では思考する変わりに観察するわけなんですね。
仏教の教えというのは、この観察した結果を発表してるだけなんです。

科学の世界では誰かが何かを発見したら、その発見方法とデータをちゃんと公表します。
それで他の科学者たちが本当にそれは真理なのかと実験をくりかえします。

このような科学の世界のように、仏教の世界でも仏教で発表した真理は本当に正しいのかどうか、誰でも調べてみてくださいといいます。
そのやり方もちゃんと教えますよというぐらいにオープンな世界なんです。

「来たれ見よ」ってやつです。
[PR]
by namazunahi | 2008-02-01 06:09