日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

才能

どんな分野でも一流のプロになるには才能がいります。
一流と二流の差は、どんな苦労をしても埋まらないものがありやすね。
で、仏教の瞑想も才能がものをいいます。

素質がある人なら、僅かの時間で簡単に集中状態に入れたり。
素質がない人なら何年も苦しんで修行しても全然ものにならなかったり。
実際、瞑想ができないお坊さんというのも多いそうです。

しかし、他の分野なら才能がないなら終わりなのですが仏教は違います。
仏教での瞑想の才能とは、過去でどれだけ徳を積んだかということなんです。
だから、仏教徒は善行をするときは「やってやった」ではなく、「やらしていただいている」という感じになるんですね。
[PR]
by namazunahi | 2007-10-31 05:46

期待

この前、友人の車に乗せてもらった時、横に走っていた車がこちらの車線に入りたそうだったので、友人がその車を入れてあげたのですが、その車はサンキューハザードをださなかったので、友人は「入れてやったのに礼もないのか」と怒ってました。
この場合、仏教徒なら車線をゆずれていいカルマを作ったわけですから、相手から礼があろうがなかろうがそんなの関係ねーなんです。
一般的にはいいことしたらついつい相手に見返りを期待して、見返りがなければ怒ってしまいい、良いことしてもあまりよいカルマが作れないんですね。

善行は相手に見返りをきたいしないでも、宇宙銀行にちゃんと預金されますから。
[PR]
by namazunahi | 2007-10-30 21:43

希望

神様が崇拝される理由のひとつとして何か希望を叶えてくれるからというのがあります。
ということは、人の希望を叶えればその人は神様並みの扱いを受けるわけです。
大きな希望を叶えるのは難しいけど、小さな希望ならどんな人でも叶えられます。
大きい希望も小さい希望も、希望には変わらないわけですから、小さい希望でも叶えてあげていけばその人から大事に扱われるわけです。
[PR]
by namazunahi | 2007-10-30 05:22

勘違い

願いが大きくなる理由の一つに、欲に妄想がついてる場合があります。
歌が下手な人が一流歌手を目指してしまったり、普通の容姿の子がトップモデルを目指したり。
何事にもその人の向き、不向きがありますし、不向きなことを目指してしまうと多大な苦労をするはめにも・・・。
願いが大きいということは、今の現状に満足してないということですから、願いが大きければ、大きいほど不満度が高く、心は苦しさで一杯でありますしね。

大きな願いが叶うひとつの目安として、大きな願いの中にある小さな願いを幾つか見つけて、その小さな願いを自分で叶えていけるなら、その大きな願いは叶えれられる素質はあるでしょう。


*昨日はヨガの先生と、映画フラガールのなかでやってた割り座から上半身を起こすやり方を研究してたのですが、コツをつかむとけっこう簡単にできますね。
その後、家に帰ってまたポーズを研究してたらもっと簡単にできる方法を発見しました。
このポーズを宴会芸として披露するかな・・・。
[PR]
by namazunahi | 2007-10-22 04:03

知と行

何かを頭で理解したら、ちゃんと行動してできるか確認したほうがいいです。
前の記事でも書きましたが、言葉は曖昧なので曖昧なまま理解してる可能性があります。
実際にやってみて何回でもできた時、初めて知識は完成する。
[PR]
by namazunahi | 2007-10-21 20:07

言葉

この世のトラブルの多くは言葉の行き違いが元でおきてますね。
日本語って曖昧な表現が多いからなおのことです。
昔は寡黙な男が多かったと言うのは、案外トラブルを避けるためだったのかも。
昔の日本は、職人気質が高かったから身体のコミュニケーションが発達していたんでしょうね。
言わなくても相手に伝わる、言っても伝わらないという。
言葉を過度に信用してなかったんでしょう。

今の日本だと言葉を過度に信用しすぎるところがあるから、言葉を発する側も言葉を受け取る側も注意がひつようですね。
相手が怒り系の人なら、こっちの言葉を悪くとりますから。
ネットでの論争をみてると、怒り系の人の勝手な解釈で混乱してることが多々ありますね。
だから、日常生活でもネットでも怒り系の人と話すときは分かりやすく簡潔に言葉を使ったほうがいいです。(怒り系の人は長文書いてもちゃんと読みません、イライラしてるから怒れる文を発見するともう他の文はちゃんと読めない)
[PR]
by namazunahi | 2007-10-21 05:10

犠牲

欲しいものが大きければ大きいほど、それを手に入れるためには大きな犠牲がともなう。
また、それを維持するのにも多大な犠牲がいる。
何かを犠牲にしてまでそれを手に入れる価値は本当にあるのか・・・。
[PR]
by namazunahi | 2007-10-19 20:46

叶わない願い

願い事も叶わない願いがありますね。
老いないこと、病気にならないこと、死なないこと。
この三つの願いを祈願すると、苦しい人生を送るはめになるから、できるだけ止めといたほうがいいです。

逆に、老いること、病気になること、死ぬこと。
この三つは祈らなくても叶いますね。
この三つを早い段階で受け入れれば楽しい人生が送れますよ。
[PR]
by namazunahi | 2007-10-13 21:34
部屋が散らかってたら、神様どうか部屋をかたずけて下さいと祈る人はいませんよね。
自分でかたずけた方が早いし、仮に神様にかたずけてもらうと、どこに何をしまったか分からなくなるし、自分のいるものを捨てられるかもしれませんしね(神様とは価値観が違う)
このような小さな願いでもズレが生じるわけですから、大きな願いになるとさらなるズレが生じて苦しみが生まれるわけでありやすね。
世界平和や人類に愛を祈ってるのに、何故か戦争やテロや餓えが生じる・・・。
[PR]
by namazunahi | 2007-10-09 22:18

お願い

宗教の共通項の一つとして、偉大なる何かにおねだりして願いを叶えてもらうというのがあります。
まあ、あんまりポンポン願いが叶ってしまうとドラえもんのノビタ君のように成長しないからなのかどうか分かりませんが、宝くじに当たる確率ぐらいでしか願いは叶わないようです。

願い事が叶う方法として、願い事を小さくする(一等三億はなかなか当たらないけど、通しで買えば七等三百円なら確実に当たる)のがいいですね。
小さな願いも叶っていけば、やがって大きな願いも叶うものです。
大きな願いだけだと喜びは一つだが、小さな願いはいくつも叶うから喜びがいっぱいありますしね。
[PR]
by namazunahi | 2007-10-07 21:39