日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

集中

前に床屋のおっちゃんと話していたら、床屋のおっちゃんが息子は集中力がないから勉強が続かないとなげいていました。
で僕がおっちゃんに「でも、ゲームなら何時間でもやってるでしょ?」と言うと、おっちゃんが「ゲームならやってますねー」
集中力というのは誰にでもあるけど、自分の意思で何かに集中するというのは中々難しいものです。
どうしても自分が刺激を受けるものに集中してしまいますからね。
例えば車の運転中でも可愛い子が歩いていたら、パッと目がいきますしね。
まあ、自然に集中できるものは危険が多いということですな。
[PR]
by namazunahi | 2007-09-18 21:01

あなたに興味があるの

ねぎしさんから、興味を持ちつづける方法を聞かれてしばらく考えてみたのだが、興味を持つ続ける目的も大事やなーと思いましたね。
欲や怒りにもとづいて興味をもつと、執着が生まれるだけで仏教的には意味がなさそうです。
あくまで仏教徒なら欲や怒りや無知が減るように、今、興味があるものを見ていけば執着が減っていき、よりその対象を明確にみれそうです。
欲、怒り、無知でその対象を見てると、主観が入るから結局、何も見てない状態ですしね。
結論は、欲、怒り、無知を減らすことで人格向上を目指すことに興味を持つでどうでしょう?ねぎしさん。
[PR]
by namazunahi | 2007-09-12 00:39

笑顔はダイジだね

久しぶりにラブコメ映画を観ました。
「ラブソングができるまで」
主演のドリュー・バリモアの笑顔はキュートで癒されたな。
バリモアが笑顔になるたびにこっちも笑顔に。
なつかしの80年代テイストの曲を色々聴けて楽しめました。
そうそう、この映画にでてくるトップアイドルの子が、アジアンにカブレテいるんだけど、ブッダとエロの融合という面白ソングを歌っていて笑えたよ。
最終シーンでは、ステージの真ん中にでっかい仏像があって、その周りにお坊様たちがいまして、そのアイドルの子がほとんど裸みたいな格好で仏像の裏から出てきて、お坊様といやらしいダンスをするんです。笑える。
気楽に観れて、楽しくなれるおススメの一本です。
[PR]
by namazunahi | 2007-09-07 22:22

大好き、大嫌い

大好きな人がいても、大嫌いな人がいても、その人のことを頻繁に思い出してしまうものです。
起きてるときも、寝てるときも。
仏教では心はただ刺激を求めて回転してるだけとみなしています。
良い刺激だろうが、悪い刺激だろうが、刺激が大きければ大きいほど心にとってはうれしいのです。
だから、会いたくもない嫌いな人に心の中で何度も会ってしまう。(怒りの刺激)

よく、犯罪被害にあった人たちの怒りを煽るニュース報道などを目にしますが、そんなことをされてより怒りの感情を強くされたら、会いたくもない犯人に何度も心の中で会ってしまい(そのたびに強烈な感情を作っていく・・・)、毎日を苦しんで過ごす日々が訪れてしまいます。
できるだけ、報道する側はより冷静で客観的な記事を報道してほしいものです。
理性が働くと感情は治まってくるので、理性的に嫌いな人を見ることで、心の中で嫌いな人と会う頻度も減ってきます。
[PR]
by namazunahi | 2007-09-05 06:31