日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

<   2007年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

友よ

「今まで友と思っていたやつは実は友ではなく、本当に困ったときに手を差し伸べてくれたのは
友と思ってなかった奴だった」

上のセリフは煩悩と理性にもあてはまりますね。
欲や怒りにまみれてる時は、理性の言うことは聞かないし、邪魔くさい奴やと思ってしまうものです。でも、人生のピンチを打破する時は理性が助けてくれるんやね。
普段から理性と仲良くしたいものです。
[PR]
by namazunahi | 2007-05-14 22:17

おすすめマンガ

最近読んだマンガを短く紹介

テレプシコーワ
クラシックバレーを題材にしたお話。
いつも弱気な主人公(不安症)が、その空想力であらたな能力を開花させる。長所は短所なりという言葉を思い出す。しかし、主人公のおねいちゃんは、強気でしっかりした性格がわざわいして・・・。

セクシーボイスアンドロボ
今期ドラマ化した作品。マンガのほうはドラマよりスピード感がある。主人公のニコはクールに世の中をみつめる。

バンビーノ
これまたドラマ化した作品。主人公の熱血度がナイスです。努力することの意義を再確認。

鈴木先生
この時代にこの絵かというぐらいに古い絵だが、読み応えはある。
第一話の話は三九朗さんにおすすめ。
男子生徒が、給食中にゲリミソと前に座ってるいる女子に言い、食べるきをソグ。
鈴木先生が、この男子生徒に理由を聞くが、見て分からないなら言っても分からないと言い放つ。
はたして、鈴木先生はこの謎を解くことができるか?
ちなみに、次の話は学校給食から酢豚がなくなる話です。

世直し源さん
ステテコに腹巻をまいた男が総理大臣になって、政治の世界を根本から変えていく話。
設定は無茶だが、政治を政治家の手に戻すというのはなるほどなーと感心しました。
市民の欲が、政治をダメにしたのはうなずけるな。

風の大地
ゴルフマンガ。まるで禅僧のような青年がゴルフのプロとして世界を舞台に戦っていく。
プロたるもの清く、正しく、美しくあって欲しいという原作者の叫びが聞こえてきそうです。
このマンガを読むと、爽やかな気持ちになります。
[PR]
by namazunahi | 2007-05-10 17:15 | 漫画

苦しくたって♪

僕がよく勉強にいくお坊さんがこのようなことを教えてくれました。
「この世は一切が苦なんだから、自分でどの苦を選ぶか選択するんですよ」
例えば、お腹が空いた時、このまま空腹の苦を選ぶか、料理する(めんどくさいが)ことの苦を選ぶ。
子供なら、テストでO点を取って怒られる苦を選ぶか、勉強する苦を選ぶ。
女の人なら、デザートをタラフク食べれない苦を選ぶか、食べて太る苦を選ぶ。
男なら、他の女と付き合えない苦を選ぶか、浮気がばれる苦を選ぶ(ばれない場合も・・・)

仏教徒は、苦があることが必然なので、自分にとってプラスになる苦を選んでいきます。
苦を乗り越えることを楽しんでいるんです。
[PR]
by namazunahi | 2007-05-09 20:27

発達

医学が発達して、どんな病気でも治せるようになると、逆に病人は増えるでしょうね。
自分で健康管理しなくても、病院にいけばすぐに直ってしまうんだから。
もし、医学が後退していくと、逆に病人は減るでしょうね、その代わり、健康管理の技術が発達してくでしょう。
今の時代、医学が万能ではないと気づいてきたから、健康管理に対する関心も高まってきてますね。
ただ、病気になることは自然なことだと分かってないと、おかしな健康管理になってしまいますが。


-病むことは当然のことであり、私は病むことから逃れることはできないー
[PR]
by namazunahi | 2007-05-09 07:02

守ってあげたい

今日、車の運転中に、低学年の女の子が小さな男の子の手をつないで歩いているのを見かけました。
その女の子はまだまだ子供なんやけど、小さな男の子の手をにぎって面倒見てるときは、立派な大人みたいにしっかり堂々と歩いてるんやね。
守るべき存在があると人はシッカリ強くなれるもんやわ。
お釈迦様がいう慈しみの心を育てるとスゴイパワーが出るというのはこういうことやね。

たとえ瞬間でも慈しみの心でいるならば、その人は神をもこえている
byお釈迦様
[PR]
by namazunahi | 2007-05-07 22:26

人格を作る

仏教徒はどんなことをする時でも、自分の人格が向上するように工夫しながら行います。
飯を食べるときでも、歩いてるときでも、寝る時でも、仕事をするときでも、勉強するときでも。
前の記事で、英語の上達法の話を書きましたが、英語を勉強するときでももちろん自分の人格が向上するように勉強する。
英語を勉強するのも、ただ、英語の文を覚えるだけではなくて、英語を使う国の文化などを理解し多くを学んでいく。
英語の歌詞を訳すときも、その歌詞を作った人はどういう気持ちで作ったのか、どういう人なのかを読み取っていく。
ただ、英語の知識を詰め込むよりも、百倍、英語の勉強が面白くなりますね。
[PR]
by namazunahi | 2007-05-06 23:32

あきらめないで

どんな夢を実現するのにも必要なものは努力ですね。
だから、努力を楽しくできれば、たとえ夢が叶わなくても、夢が叶わない間ずーと楽しいわけです。
人生を生きていくうえで、この努力をいかに楽しくやるか工夫できれば、もう人生楽しいことだらけになりますね。
日本人は努力を苦しくやるのが美徳みたいなところがあるからなー。もっと楽しんでいいのに。
[PR]
by namazunahi | 2007-05-06 01:02

あなたに興味があるの

この前、いきつけの床屋のおっちゃんと話をしてたら、床屋のおっちゃんの子供が英語が全然ダメだと嘆いておりました。自分に似て集中力がないとか。
しかし、人というのは何かに興味を持つとすごい集中力を発揮するものです。
英語に集中したいなら、英語に興味を持つように工夫するのが手っ取り早い。
好きなアメリカの歌手がいるなら、その歌詞カードを訳してみるとか。
まあ、一番英語が上達するのは外人の女の子を好きになるのが一番の近道ですね。

ちなみに、仏教徒はこの世のものは全て無常であるかどうかに興味があるので、自分のすべての動作に集中することができるんです。(何か一つだけに興味があるというわけではない)
例、食べること、見ること、聞くこと、触れること、嗅ぐこと、感じることすべて

「一切の形成されたものは無常である」と明らかな智慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。(ダンマパダより)
[PR]
by namazunahi | 2007-05-03 20:17