「ほっ」と。キャンペーン

日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

五戒は人生の羅針盤

できるだけ人生を波風立てずに過ごしたいなら、五戒を守ることをお勧めします。

日常生活で五戒を犯すことが増えてくると、やがて大きな嵐がやってくる前兆です。

すみやかに嵐がきても耐えれるように細心の注意を払って、人生の航海をしなければいけません。

みずから嵐の中に突入しないで、早めに嵐がくるのを予測して(五戒を守る)安全な航海をしましょう。

五戒を意識することで、ベテランの船乗りのように事前に危険を察知して、人生の危機を回避することができるようになってきます。
[PR]
by namazunahi | 2006-10-31 21:36

集中力

物事をうまくやるにはブッタは、「心を落ち着けて集中してやること」と言ってます。

まあ、当たり前といえば当たり前なんですが、いざ、「心を落ち着けて集中して」やろうとしても、心はどこかに飛んでい行きますね。

本を読んでいても、いつの間にか違うことを考えていたり、料理を作っていても、この後あれやってこれやってと中々目の前のことに集中さしてくれません。

仏教では、この心の状態をモンキーマインド(木から木へ飛び移るサル)といいます。

心が散乱状態のままで物事に取り組んでもうまくいくものもいきませんからね。

ほんで、ブッタは心を落ちつける修行としてまずは、五戒を守るようにと指導します。

仏教の五戒は「盗まない、うそをつかない、淫らな行為をしない、殺さない、酒や麻薬をしない」

どんな些細な悪いことでもすると心に後悔の念が沸き、心が目の前のことに集中できなくなります。

人にうそをつきまくったり、万引きの常習、多数の異性とのSEX、暴力的な行動、過度の飲酒などが日常的な人は、他とのトラブルなどが多く心が乱れきり、「心を落ち着けて集中」することなどはできないでしょう。

やで、「心を落ち着けて集中する」には、五戒を守るのが近道です。
[PR]
by namazunahi | 2006-10-26 15:20

怒ると叱る

仏教では怒りはホンのわずかでも放置しては駄目だと教えられます。

じゃ、子供が悪いことをしたり、自分が誰かにいじめられたり、会社の人が全然仕事しない時も怒らないのかといえば、やっぱり仏教では怒っては駄目と指導されます。

でも、そのまま放置したり、あきらめたり、あまやかしたりはしません。

自分の中にある怒りの火を消してから「叱る」んです。

自分に怒りがあると相手の嫌なところしかみれなくなってくるので、そのまま怒りながら叱っても相手を必要以上に傷つけてしまい後々のトラブルの元になるし、こっちが怒っていると相手にも怒りが伝染してこっちらの意見が中々相手の耳に届きません。(嫌いな人の意見は素直に聞けないため)

では、どうすればいいかと言うと、自分の怒りを鎮めてから叱ればいいのです。
そうすると自分の心に理性が働いてきますので、相手のことがよく見えるようになり、どういう風に言えば相手の耳に届くかが怒ってる時よりも分かってきます。

どんな時でもまずは心を落ち着け冷静になれば最善の策が頭に浮かんできます。

怒る前に深呼吸でもして、落ち着いてから動きましょう。
[PR]
by namazunahi | 2006-10-23 20:09

財布といえばヴィトン

僕の周りの男子高校生は何故か、ヴィトンの財布を持ってる子が多いです。

お母さんのお下がりなんでしょうか?

この前は、イガグリ頭の中学生がヴィトンの財布を自転車のカゴに財布を入れて走ってるし。

ちなみに僕はブランド物持ってないなー。
[PR]
by namazunahi | 2006-10-20 20:09

整体の先生に聞いた話

素敵な異性を見つけたい時は、鼻のとおりを良くするといいそうです。

直観力も鼻が関係してるとか。

そういえば、刑事の人が犯罪のニオイがするとかいいますもんね。

ほんで僕の話なんですが、僕は誰にもわからない匂いを嗅ぐ時が何故かあります。

そのニオイは女性から発せられるもので、そのニオイがでていると、クサすぎて近づけません。

でも、他の人はそんなニオイはしないと言うのです。

何かの危険を僕に教えてくれているのでしょうか???
[PR]
by namazunahi | 2006-10-18 20:56

毒の製造法

この前行った、整体の講義でのお話。

毒性のない生き物でも、怒らすと毒がでるらしいです。

整体の先生のところに来た患者さんが、毒がない蛇に噛まれたのですが、症状が毒にやられた感じだったそうで。

その人、蛇を調理しようとしてパクッて噛まれたそうな。

人間でも怒ると毒が出るそうで、ある精神科の看護婦さんのところの患者の子供が凄く怒って暴れたのを止めようとしたら、その子供に腕を噛まれ、その噛まれたところが毒にやられたみたいに膨れあがったそうです。

怒ると自分の体内にも毒がまわっていいことなしですね。怒りぽいっと日常のトラブルが増えるし。

なるべく怒らず静かに暮らしたいものです。
[PR]
by namazunahi | 2006-10-15 21:15

想い出貯金

この前、ヒーラの木津龍馬さんの本(スピルチュアル・グリーン)を買って読んだのですが、仏教修行に役立つことが多く載っていて参考になりました。その中でこれは毎日やるとよいなーというものを一つ紹介。

想い出貯金
人にしてもらった嬉しいかったことや楽しかったことはちゃんと心に貯金されてるそうで、その貯金をちゃんと想い出して(引き出し)いこうというもの。

人は「あいつにあんなことやられた、あんな目にあわされた」という「悪い想い出貯金」の方を大事にしてしまうそうで、ネガティブな想いを毎日のように引き出しては使ってる、ほんで人の悪いところはすぐに見つけるから「悪い想い出貯金」はすぐたまるそうです。

「悪い想いで貯金」じゃなくて、「良い想いで貯金」をためてちゃんと使って(想い出す)いこうというもの、その方法はきちんと感謝することだそうです。

心が毎日暗い方向に行ってる人は「悪い想いで貯金」を引き出してるからかもしれませんね。

そういえば、インディアンの方の修行方法でありとあらゆるものに二十分間感謝しつづけるというのがあったなー。
[PR]
by namazunahi | 2006-10-15 04:44

健全な体、健全な心

僕は数年前から野口整体というものを習っているのですが、この野口整体で目指す健康な体というのは、いかに早い段階で体の異変に気づけるかどうかで決まるそうです。

初期症状に気づかず倒れたときには、もう手遅れという医学番組をやってますが、野口整体ではこの初期症状で気づける健康な体を作るのを目的としています。

体は悪いところに気づいたときから自然治癒が始まるそうです。

やで、いち早く気づけば簡単に病気が治るというわけです。

よく顔色悪いのに気づかない鈍い人とかいますね。そういう人がいたらちゃんと教えてあげてね


ほんで仏教が目指すのは明るい健康な心ともいえます。

怒りが増大したり、暗く奈落まで落ち込む前にいち早く気づいて、心を明るい方向にもっていければ感情が引き起こす様々なトラブルなどから身を守れます。

感情が激情となってしまうと、中々元にもどせれませんからね。

心が明るい健康な状態になってくると、ほんの小さな感情の火に気づけるようになります。

火が弱火ならそっと息を吹くだけで消えるから簡単です。


最後のお知らせやで

こころの時代~宗教・人生「ブッダの幸福論~ダンマパダの言葉から」
チャンネル :教育/デジタル教育1
放送日 :2006年10月15日(日)
放送時間 :午後2:00~午後3:00(60分)

みんな忘れないように録画予約したってや。
[PR]
by namazunahi | 2006-10-13 22:09
世界平和を実現するなら、まずは隣国との平和を。

隣国との平和を実現するなら、自分の国の平和を。

自分の国の平和を実現するなら、国民の平和を。

国民の平和を実現するなら、地域の平和を。

地域の平和を実現するなら、家族の平和を。

家族の平和を実現すなら、個人の平和を。

個人の平和を実現するなら、心の平和を実現させよう。
[PR]
by namazunahi | 2006-10-12 14:54

願望実現

よく新興宗教で祈れば願いが叶うといいます、仏教のカルマ論では「意思」と「意思に伴う行為
」が今の状態(他の要素もあります)を作っていると教えられてます。

やで、強烈な意思で願いを念じればその願いが実体化するというのは、あながちウソではないんですね。(あくまで仏教の視点からです)

ほんで、色んな宗教の共通の願いで世界平和がありますが、一向に実現する気配がありません。

もしかしたらみんな心の中では、世界平和などは望んでないかもしれませんね。

逆に世界の破滅を望んでるのかもしれません。
[PR]
by namazunahi | 2006-10-11 20:32