日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

カテゴリ:未分類( 262 )

死後のはなし

仏教では死んだら輪廻転生して天国にいったり、地獄にいったり、人間に生まれたり、動物に生まれるといいます。

どうすれば良いところに生まれるの?といえば死ぬ直前のこころの状態で決まるそうです。
たとえ極悪人でも明るく死ねれば天国へでも行けるわけです。

仏典の中でも仏の信仰に篤い方が死ぬ直前に自分がやった悪行為を思い出し、暗い気持ちになってしまい地獄に落ちたという話がでてきます。

まあ、仏教ではどこに生まれようがその人のこころが元気で明るく落ち着きがあるならば、どこでも幸せになれるから、今、このときからこころを鍛えようねという教えなんですね。

死後の話をしていても最後は今という時間に戻ってくるのが仏教の特色です。
[PR]
by namazunahi | 2009-01-18 05:21

思考から離れる

ある将棋打ちの若い頃の話で、その人が負けた将棋のことで頭から離れず色々考えて歩いていたら、何かにすべってステーンとこけたそうです。

そこでその将棋打ちは一つの悟りを得ます。

何か行動するときはその一つ一つの行動に全力で集中しなければいけないと、その悟りで負けた将棋が頭から消えてメキメキと腕をあげたそうです。

仏教でも一つ一つの行動に集中して行います。
集中して物事を行うことで自分を苦しめている思考から離れられ、心が穏やかに落ち着きを得るのです。
[PR]
by namazunahi | 2009-01-16 21:45
みなさまあけましておめでとうございます。

年末から年明けにかけて毎年恒例の修行合宿にいってました。

日本の仏教も海外のテーラワーダ仏教(初期仏教)がかなり入ってきた影響で、宗派をこえた人たちが気づきというものに集まってきてることを感じます。

まあ、日本の場合は仏教という信仰は一回壊されましたから、宗派を超えて一つの目的で集まるのは他の国よりは軋轢がないのではと思います。

日本の仏教が思いという苦から抜け出せる日を夢見て修行にはげんでいきたいと思います。
[PR]
by namazunahi | 2009-01-04 16:31

苦の原因

身体を動かすと気分がすっきりするのは、普段からしている思考から離れられるからです。
普段の生活での苦の原因はこの思考からきているんです。
[PR]
by namazunahi | 2008-12-21 05:34

大切なこと

キリスト教にいくつも宗派があるように、仏教にも多くの宗派があります。
で、どの宗派が一番正しいの?ということは置いといて、個人的に重要なことは今、まさに今というときに喜びがあるかということです。
朝起きたとき、歯をみがくとき、ごはんを食べるとき、歩いているときという日常に喜びがあるかどうか。
今というときに喜びを感じれる教えこそ今の世に重要なことと思いますね。
[PR]
by namazunahi | 2008-12-17 10:17

太る

毎年の寒さ対策として、冬はあえて太るようにしてます。
野生の鳥たちも冬は太ってますよね。

まあ、僕は太りづらい体質なので太るのに苦労するのですが。
[PR]
by namazunahi | 2008-11-30 20:50

作る

喜びや楽しみを外に求めると、その喜びや楽しみを与えてくれるものに依存してしまいます。
そして、それに支配され奴隷となってしまう。

仏教は自立をさせる教えですから、まずは落ち着いて自分で喜びや楽しみを作れるようにならなければいけません。
[PR]
by namazunahi | 2008-11-23 04:34

喜と苦

落ち着きが深まってくると、喜びや楽しみという感情が出てきます。
逆に、不快な感情があるときは落ち着いていないわけです。

落ち着いて行動することで、たとえ何かを得られなくても喜びの中で生きていけるわけです。
逆に、何かを得られても落ち着きがなければ、苦しみの中で生きていくことになります。
[PR]
by namazunahi | 2008-11-22 05:01

影響

誰かイライラした人が来るとこちらもイライラしていまうものです。
このように人の感情は伝染しやすい。
だから、たえず落ち着いていることは、周りも落ち着きが伝染するのでよい影響を与えているのです。

人の役にたちたいならまずは落ち着くことが第一歩です。
[PR]
by namazunahi | 2008-11-19 04:18

世の中は金

世の中は金という思考は大多数の人の中に組み込まれていると思います。
でも、死ぬときはいくら金があっても何ら助けにはなりません。
金があればいい医療が受けられるのは確かですが、それで寿命が延びても結局は死ぬわけです。

世の中は金という思考にとらわれていると、死という根源的な恐怖が見えなくなり、何か得体の知れない恐怖にとらわれることとなります。
[PR]
by namazunahi | 2008-11-18 17:00