「ほっ」と。キャンペーン

日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

あの日

今日は広島の日ということで、二冊の本を紹介

夕凪の街桜の国 (単行本)
こうの 史代 (著)

この漫画は、原爆が落ちたことで何がもたされたかを市民の目線から描いた良作。
一昨年ぐらいに映画も公開されました。


WATCHMEN ウォッチメン (ShoPro Books) (単行本)
アラン・ムーア (著), デイブ・ギボンズ (イラスト

もう一冊はアメコミです。
この漫画は、実在の世界にスーパーヒーローがいたらどうなるかを描いた作品です。
そういえば、最近の調査で日本に原爆をおとしたのは正しいと答えたアメリカ人は
六割ぐらいいたそうですが、この漫画では原爆を使うことがどれだけ残虐かを正面から描いてます。
冷戦時代のアメリカでこのような作品があったの凄いです。

近々、DVDでも出ますのでおススメです。
でも、映画のほうは原爆描写がなくなってしまい残念。
ここが一番重要なところなのに。
[PR]
by namazunahi | 2009-08-06 20:35