日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

思考から離れる

ある将棋打ちの若い頃の話で、その人が負けた将棋のことで頭から離れず色々考えて歩いていたら、何かにすべってステーンとこけたそうです。

そこでその将棋打ちは一つの悟りを得ます。

何か行動するときはその一つ一つの行動に全力で集中しなければいけないと、その悟りで負けた将棋が頭から消えてメキメキと腕をあげたそうです。

仏教でも一つ一つの行動に集中して行います。
集中して物事を行うことで自分を苦しめている思考から離れられ、心が穏やかに落ち着きを得るのです。
[PR]
by namazunahi | 2009-01-16 21:45