日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

日本仏教

ダライラマ法王の本で大乗仏教の説明をされていた。
その本によると、まずベースに初期仏教があったうえで大乗仏教がありその次に密教がくるそうである。

なるほど、なるほど、どうも日本で仏教の勉強をしていると、初期仏教と大乗仏教は二つにぶった切ったという印象があったのだが、そうではなく一つにつながってたのね。

たしかに初期仏教を勉強することで何となく分かったようで分かりにくい大乗仏教の理解が進んだのも事実であります。

ここ数年で日本での初期仏教の普及率はすごいものがありました。
確かに、大乗仏教より分かりやすく実践しやすいというのがポイント、ほんで効果もでやすいですし。

でも、そのおかげで日本仏教が軽視されがちになったのも事実。

しかし、ダライラマ法王の話によれば初期仏教と大乗は地続きなわけですから、初期仏教が日本に入ってきたことによって、大乗仏教の地ならしをしてくれたわけですから、日本で大乗仏教が復権する機会を得たのではないでしょうか。
[PR]
by namazunahi | 2008-08-21 22:10