日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

学び

人からモノを教わるとき重要なことはその人を信頼してるかどうか。
先生を信頼してるなら疑がないので、集中して心を落ち着けて聞けるから覚えるのも早い。

でも、ここで怖いのが信頼している先生が偽者だったなら間違った情報を心の奥にインプットしてしまうから、折角教わったのにモノにならないことに。

だからいくら信頼してる先生でも教わったことは、教わったこととして置いといて、自分で検証してみるのが重要。

こうして検証してみるクセがつくと一を聞いて十を知るというようなコトが出来てきます。

ちなみに、お釈迦様の時代にはお釈迦様やその弟子の法話を少し聞いただけで悟った人がケッコウいたそうです。

そういう人々は一を聞いて百を知るというクラスですね(汗)
[PR]
by namazunahi | 2008-02-22 17:45