日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

吸収力

いくら体に良いものと言っても、その食べ物がまずく嫌々食べるなら、その食べ物の良い所をそれほど体には吸収してくれません。
嫌という感情は怒りでありますが、この怒りは対象を拒否するエネルギーなわけです。(あんたなんか嫌い私の前から消えて)
だから、食べ物の良い栄養すらも拒否してそんなに栄養が体に入ってこない。
人を嫌いになる時って相手を全否定してしまうでしょ、だから、嫌いな食べ物も全否定してしまうんです。
いくら良い食べ物といっても、嫌々食べるぐらいなら、体に悪いが自分の好きなものを明るく楽しく食べたほうが体にはいいわけです。
[PR]
by namazunahi | 2007-04-16 03:50