日々の気になったことや仏教についての話など。


by namazunahi

信じるものは

初期仏教でも信という言葉がよくでてきますが、この信は他の宗教のような論理もなくただ信じればいいとは違います。
例えば、お釈迦様が怒りは悪いものであると言ってますが、これも言葉だけ信じるのではなく、自分で調べて理解していかなければなりません。
お釈迦様自身、自分で調べた上での真理を語っているのだから、もちろん、その調べる方法も教えてくれてるわけです。
仏教徒は自分でビーカーとフラスコを持って、毎日研究データを取りながら、はたして、お釈迦様の言うことは本当かどうかを調べていく。
調べて、調べぬいて、疑が生じなくなったとき初めて確信(サッダー)が生まれるのです。
[PR]
by namazunahi | 2007-04-14 05:51